2006年08月17日

闘病記ライブラリー

YOMIURI ONLINEの記事に、「闘病記ライブラリー」という記事がり、目がとまった。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060816i206.htm患者や家族らがつづった闘病記を病気別にインターネットで探し出せる、それが「闘病記ライブラリー」。
闘病記ライブラリー
http://toubyoki.info/

病気別に整理された闘病記本の情報を提供しているみたい。
まあ、情報が一ヶ所に集まるのは便利だ。

自分が病気になってしまったとき、同じ病気を体験した人の情報が欲しいと思う気持ちは当然ですよね。

実際に私が下垂体腫瘍と診断されて入院することになったと電話で話した所、母親はすぐさま書店に行って、下垂体腺腫とはどの様な病気なのかを極簡単に説明されていた本を購入していましたから・・・。

ただ・・・病気の内容にもよりますが、本は一度出版されると内容がその時点から古くなる。日本の医療は日進月歩だから、数年前の本が当てはまるかどうかは微妙なところになりそうです。

闘病記本を医療の面でみるのではなく、本を書かれた方がどの様な思いや行動、生き方をしたのか、患者本人、家族、そして、そこに関わった人達の思いを読むのであれば、それは素晴らしい教科書になるかもしれません。

闘病記ライブラリーの今後の成長に期待したいです。
posted by おじゃ at 02:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おじゃさん、ご訪問、コメントありがとうございました。下垂体腺腫の治療法、メインは経鼻的摘出手術で、近頃はガンマナイフという放射線による方法も増えているとか。情報交換しましょうね。
Posted by macky at 2006年08月19日 08:56
mackyさん、こんにちは〜。

>>下垂体腺腫の治療法、メインは経鼻的摘出手術で、近頃はガンマナイフという放射線による方法〜。

そうですね、一般的には、第一選択が手術になるみたいです。

でも、下垂体腫瘍の種類?次第では投薬の場合もあるみたいです。

mackyさんの腫瘍がどのタイプなのかを確定しないとなんとも言えないです。

>>情報交換しましょうね。
そうですね、私が経験したことであればお話できますし、HPの方には下垂体なんでも掲示板を設置していますので、なにかあれば、お気軽に書き込みしてください。
Posted by おじゃ at 2006年08月19日 16:18
わかりました。もうすぐ精密検査の結果がわかるので、また勉強させてもらいます。^^
Posted by macky at 2006年08月30日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22439981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。