2007年01月19日

干し柿を食べながら・・・

最後に干し柿を食べたのは25年以上も前だった。
昨年の晩秋、母が干し柿の仕込やっていました。

その干し柿、そろそろ食べ頃だったらしく、今日のお昼に母から「もう食べ頃だけど、どうする?」と聞かれたので、「じゃあ一個だけ頂戴」と言うと、母は車庫兼小屋まで取りに行ってくれました。

しかし、本音は食べたくなかった。
干し柿のあの見た目がね・・・。
それに、硬いだけの干からびた柿、「絶対に美味しく無い」と思っていましたから・・・。

昔々、まだ時代が昭和だった頃、私の祖母が正月飾り用の干し柿をつるしていた記憶があり、またそれを食べさせられた記憶も残っている。

その時食べた干し柿の味・・・。
子どもだった頃の私には「美味しくない味」だったのだろう。

祖母が亡くなったのは小学校高学年の頃だった。
そして自宅(おばあちゃん宅)で干し柿をつるす人はいなくなった。

それ以来、干し柿を口にする機会がなくなった。

母が干し柿を持ってきた。
見た目は黒っぽいのだが、実が大きいし、シワシワじゃない。

「あれ?なんだか昔の干し柿とは違うね」と母に尋ねると、「ああ〜、昔、ばあちゃん(祖母)が作っていた干し柿は干しすぎだったんだよ」。

「干し柿ではなく、干しすぎ柿だったのか・・・」

軽いショックを受けながら、母が持ってきてくれた干し柿を一口食べてみると・・・。

「超うめ〜!!!」←心の叫び

見た目はイマイチだけど、外側の部分は、適度な硬さを保ちつつもしっとりな歯ざわりで中身はトロトロで甘い。

私「うわ〜干し柿ってこんなに美味しかったんだね〜。」

母「干し柿で〜ん、ちゃ〜んと作るとうまかとよ!。」

あまりの美味しさに追加でもう一個食べました。

干し柿で昔を懐かしむ事が出来るなんて・・・年食った証拠だよね。
それに・・・干し柿を作ってくれた母にも感謝しないとね。
posted by おじゃ at 01:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あるある、そういうの。
最近よくあるよ。昔(子どもの頃)は嫌いだったのに今食べるとめちゃめちゃ美味いもの。
僕も干し柿嫌いだったけど、今は普通に食べれるよ〜。笑
他にもウニ、カニ、牡蠣とか、そうそうごく最近では鮭のいずしがほんとおいしかった。あんなもん絶対食えるかって思ってたのにね。
でも、今でも梅干しとかは苦手なままです・・・。
Posted by maotm1999 at 2007年01月19日 12:12
まおっちも味覚変動があったみたいだね〜。

出会った頃はウニ苦手って言ってたよね。
北の海在住なのに「ウニが食べられないなんてもったいないな〜」と言った記憶もあるし・・・

でもね〜。美味しいものが増えるとつい食べてしまって体重が気になるのも嫌だな〜。
Posted by おじゃ at 2007年01月22日 23:28
そうそう、あったよ〜味覚変動。
特に手術後はそれが顕著だった。
今までに嫌いだったものを次々に克服していったからねぇ。
でも好きなものは好きなまま・・・。
結果、体重が増えました!(当然)笑

ウニを克服したのはここ2、3年。
でもあまり食べる機会がないんだよねぇ。

ところで僕らの病気って舌も肥大するけど
それで味覚に影響あったりするのかね?
Posted by maotm1999 at 2007年01月24日 20:37
舌の肥大の影響か・・・。
今まで考えもしなかったよ。

オイラは昔から味覚に対しては鈍感な方だったしね〜。

それにオイラの場合、味覚よりも嗅覚がイマイチ感度が悪いみたいで困っているよ。

よほど強い香りじゃないと気がつかないからね。。。

Posted by おじゃ at 2007年01月24日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31669145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。