2007年02月18日

今日(正確には昨日)一日は腹痛で辛い思いをしてました。

今日(正確には昨日)の深夜、急に腹痛に見舞われて、苦しい思いをしていました。

一日中、腹痛があり、朝食・昼食は食べられず・・・。

一日ベットで寝ていました。
さすがに夕方になるとお腹が空いてきたのですが、まだ腹痛もあったので、控えていました。

しかし、空腹には勝てず、そそくさと起きてリビングに行ってみると、コーンクリームシチューの甘い香りが・・・。

こうなると、食欲には勝てません。

しかし、ここで一気に食事を摂ると胃への負担が心配だ。
なので、スープだけ飲のむことにしました。

スープをすすりながら、リビングのテレビを観たら、なんだか体格の良い方々が写っていました。

「何の番組だろうか・・・。」

とりあえず、その番組を観る事にしました。

話が進むうちに、話がみえてきたのですが、どうやら「食事をそれだけとっても満腹感が得られない症状」で、病気の一つらしい。

「へ〜世の中にはいろんな病気があるもんだ・・・。」と思ってしまった。

次に紹介されたのが両手を地面について、2足+2手で歩くという人。
これはかなりビックリした。
しかも一人ではなく、兄弟内4人は両手両足で歩くと言う。

これを先祖返りと言うらしい。

最初は「番組のヤラセか?」と思ったのだが、どうやら嘘ではないらしい。

番組の中で隣町へお菓子を買いに行く場面があったのだが、途中で出会った子ども達の「罵詈雑言」。

聞くに堪えなかった。

周りに大人の姿も観えたが、止める様子はない。

子ども達からなじられながらも、黙々と歩いてく姿を観て思わず涙がでてしまった。

本人が何か悪い事をした訳でもない、もちろん親も悪気があってそのような身体に生んだのではない。

たまたま受け継いだ遺伝子がそのようにさせただけなのに・・・。

最後は<プロジェリア(ウィキぺディアリンク)>(早期老化症)のアシュリーさんの近況。

学校の卒業時期で、将来の進路を決めていた。

動物が好きなアシュリーさんは「将来は獣医になりたい」と希望していたのだが、そのためにはあと5年、学校に通わないと獣医にはなれない。

「あと5年・・・」本人は5年という月日が自分にとっては絶望的な時間だと冷静に判断したのだろうか、職場体験にはペットショップを選びました。

本人は前向きに生きているが身体は正直なようで、職場体験翌日には体調不良を起こしていたみたいだった。

実年齢15歳、身体的年齢は100歳に近いらしい。

自分の人生を懸命に生きようとするアシュリーさんを観ると感動し、また自分を反省しなければ・・・と思います。

私的な事になりますが、まあ、少々腹が痛かろうが、生きている時間を大切に過ごさないともったいないですよね。

生きてるってスバラシイです。
posted by おじゃ at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33995653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。